刀鍛冶工房

火と鉄が作り出す伝承の刀剣

刀匠 渡辺惟平氏のインタビュー映像がYouTubeにアップされています。 外国メディアで製作されたものですが、渡辺刀匠の刀鍛冶に対する思いがよく描かれています。 かつて帯刀があたりまえであった武士の時代、人を殺める道具でもありながら、自らの守りの為にも欠かせない刀はまさに武士の魂そのものでありました。 世界に存在するさまざまな刀剣のなかでもその切れ味を誇る日本刀は海外の刀剣でも類をみない多くの手間と複雑な製法をもって作られる刃物でもあります。 時代は移り人々は刀を必要とはしなくなりましたが、その妖しくも美しい刃身は美術品として現在にその価値を伝えております。 黎明館では刀匠、渡辺惟平氏とそのお弟子さんの手によって今でもその伝統の技が受け継がれ、現在ではほぼ失われてしまった平安・鎌倉時代の日本刀の鍛造過程を実際に見学することが可能です。 (刀鍛冶実演は行われていない日もありますので事前に確認しておくことをオススメします) 刀鍛冶見学の様子もYoutubeにアップしています。 是非ご覧ください。直にご見学してみませんか?

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 照井 宏亮

    興味深く拝見しました。
    「鋳造過程」とありますが、鍛造の誤りではないでしょうか?
    私の間違いなら謹んでお詫び申し上げます。

  2. by 岩永利和

    長崎の岩永です。惟平さんますますご活躍ですね。
    北海道では、家の方までお邪魔してお世話になりました。
    小背は、仕事を体を壊して、4年前に壊して退職しています。
    再会を果たしたいです。