伊達のトリビア その2

応募作品から8作品をトリビアとして認定しました。どうぞご覧下さい。
  伊達邦成は開拓使に西洋農具とその技師の派遣を要請し、 明治7年に道内で民間初となる「プラウ」と呼ばれる農具を用いた馬耕での開墾を行いました。 その後、伊達在住の鉄砲鍛冶・江田盛蔵が日本向けプラウを開発、 「伊達の赤プラウ」として全国に広まりました。

プラウとは ウイキペディアより

日本で初めて「プラウ」が使われたのは、明治初期、官によって設置された農業試験場「七飯官園」(現在の七飯町)と言われていて、 伊達はあくまで官ではなく民間で初めてということです。

七飯町歴史館だより「ピチャリ」第52号(PDF)

※ご利用の環境によってはフラッシュプレイヤーが機能しない場合がありますので、動画の代わりに画像を配置しています。よって「へえボタン」は機能しませんのでご了承ください。