NPO法人だて観光協会

観光スポット

古代~中世~近代 北の暮らしが息づく伊達市

伊達観光スポット
穏やかな内浦湾に面し背後に有珠山を構えたロケーションに位置する伊達市。 北海道の中では温暖な気候に恵まれたこの地は平野部にくわえ水の理、自然が豊かなこともあり太古より人間が定住してきた土地であることが遺跡の存在などで確認ができます。 明治に入り亘理伊達家による開拓が始まったことが現在の市名の由来となっておりますが、その開拓は苦難で家臣団、移住住民、先住のアイヌ民族、皆が力をあわせて現在の街の姿へと成長していきました。 これら先住の方々の生活の様子を伝える史跡が今も残り、その息吹を今に伝えています。 当時の方々がどのような景色を見て、どのような思いをはせていたか北海道開拓の歴史とロマンを感じてみませんか?

伊達市・大滝(北湯沢温泉)を知る・見る・まなぶ

Return Top