NPO法人だて観光協会

黎明観

歴史とともに伝えられた「技」を観る・体験する


国道37号線沿い伊達にお車で来られた方は必ず目にするカルチャーセンターの大手門、この向かって右手に併設された施設が伝統技術を実際に見て体験できる施設、「黎明館」となります。 古来からの製法をそのまま使った藍染を体験できる工房と刀剣制作を見学できる刀鍛冶工房があり社会科見学のコースとしても人気のスポットです。

伝統の手法で作られた染料で手作り藍染を体験

伊達市は北海道唯一の「藍」の生産地として知られています。 多くの方に藍の美しさを知ってもらうために黎明館には藍染を体験できるコーナーが設けられております。 ハンカチやTシャツといったものからお手持ちの布製品を「抜染」・「防染」「ロウケツ染」などインストラクターの指導のもとどなたでも楽しめるコーナーです。 濃い紫色でもあるこの染料は、布を浸すと緑色に一旦そまるものの洗いなどの工程を経ると不思議なことに鮮やかな青色へと変色いたします。 体験教室は広いスペースとなっておりお仲間や団体での参加も可能です。

YouTubeにて体験の様子を公開しています。ぜひご覧ください!

火と鉄が作り出す伝承の刀剣

かつて帯刀があたりまえであった武士の時代、人を殺める道具でもありながら、自らの守りの為にも欠かせない刀はまさに武士の魂そのものでありました。 世界に存在するさまざまな刀剣のなかでもその切れ味を誇る日本刀は海外の刀剣でも類をみない多くの手間と複雑な製法をもって作られる刃物でもあります。 時代は移り人々は刀を必要とはしなくなりましたが、その妖しくも美しい刃身は美術品として現在にその価値を伝えております。 黎明館では刀匠、渡辺惟平氏とそのお弟子さんの手によって今でもその伝統の技が受け継がれ、現在ではほぼ失われてしまった平安・鎌倉時代の日本刀の鋳造過程を実際に見学することが可能です。
(刀鍛冶実演は行われていない日もありますので事前に確認しておくことをオススメします)

刀鍛冶工房 渡辺刀匠インタビュー映像&刀剣作成見学の様子

所在地 北海道伊達市梅本町57-1黎明観
開業時間 9:00~17:00(5月から11月まで)
10:00~17:00(12月から4月まで)
※藍染体験受付は開館から16時まで
料金等 刀剣作製見学:無料
藍染体験:
【ハンカチ(45cm×40cm)】
個人550円 団体500円
【バンダナ(60cm×60cm)】
個人900円 団体800円
※染色方法は絞り・板締めのみ、15名以上で団体
【Tシャツ(S・M・L)】個人2,600円
【シルクストール】 個人2,500円
※染色方法が抜染・防染・ロウケツ・型染めを希望の場合は各体験料金+1,000円、団体料金の設定はなし
お問合せ先 黎明観 0142-25-6161


大きな地図で見る

Return Top