NPO法人だて観光協会

伊達のトリビア  その1

応募作品から8作品をトリビアとして認定しました。どうぞご覧下さい。



明治10年、クラーク博士が伊達の視察に訪れた際、砂糖の原料となる甜菜の栽培を勧めます。
そして翌年から栽培を開始し、明治13年には日本初の機械制甜菜製糖工場が作られ、
現在の製糖技術の基礎が作られました。

北海道ファンマガジン 甜菜(てんさい・ビート)

北海道農政事務所発表のてんさいの道内市町村別収穫量(PDF)

この統計を見る限り、収穫量の面で伊達の道内シェアが高いという感じではないようでした。

次のトリビア

※ご利用の環境によってはフラッシュプレイヤーが機能しない場合がありますので、動画の代わりに画像を配置しています。よって「へえボタン」は機能しませんのでご了承ください。

Return Top