「有珠モシリ遺跡」企画展開催中 令和3年6月22日~8月22日まで

有珠モシリ遺跡史跡北黄金貝塚を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録の機運が高まる中、今回は北黄金貝塚と並んで全国的に著名である「有珠モシリ遺跡」を企画展のテーマとして取り上げました。
この遺跡の出土品がなぜ重要文化財に指定されたのか、現在どのような発掘調査が行われ、どのようなことが分かってきたのかを解説文やプロジェクターなどを用いて展示します。

だて歴史文化ミュージアム 「有珠モシリ遺跡」企画展
開催期間:令和3年6月22日~8月22日

特別講演会
「北黄金貝塚と有珠モシリ遺跡(仮)」
期 日 8月7日(土)13:00-14:00
講 師 青野友哉氏(東北芸術工科大学遺産学科准教授)
会 場 だて歴史文化ミュージアム1階ラーニングスタジオ
参加申込 メールまたは電話にてお申し込みください。
連絡先など詳細は下記リンク先をご覧ください。

だて歴史文化ミュージアム/伊達市噴火湾文化研究所