だて歴史文化ミュージアム

だて歴史文化ミュージアム 「だて歴史文化ミュージアム」は、文化財や美術品の展示・活用と文化・芸術の振興を一体化した博物館として、平成31年4月3日(水曜日)午前10時にオープンしました。
建物は「本館」・「体験学習館(旧黎明観)」・「宮尾登美子記念アートホール」の3つで構成されています。
本館の1階部分には、ワークショップや講演会などを行う「ラーニング・スタジオ」と、歴史などに関する調べものを行う「ライブラリー・コモンズ」を配置します。
2階には展示室を配置し、伊達市の歴史・文化・自然を紹介します。縄文時代から現代までの地域の歴史などについて、わかりやすい解説とともに旧伊達市開拓記念館に展示していた武具甲冑類や美術工芸品、重要文化財の有珠モシリ遺跡出土品などを展示します。年に数回行う特別展示では、他の博物館などから借用した資料も合わせて、さまざまなジャンルの展示を行います。

体験学習館には、北海道内唯一の藍生産地ならではの藍染め体験ができる「藍工房」や刀匠渡辺惟平さんの刀剣製作が見学できる「刀鍛冶工房」があります。
宮尾登美子記念アートホールは、旧宮尾登美子文学記念館を文化・芸術に特化した専用のホールとしてリニューアルしたもので、ここでは絵画展やミニコンサートなどさまざまな催しを開催します。
多くの皆さんのご来場をお待ちしています。

開館時間
午前9時から午後5時(展示室への入場は午後4時30分まで)

休館日
毎週月曜日(休日の場合は、その翌日以降の最初の平日)
毎年12月31日から翌年1月5日

お問合せ先
教育委員会だて歴史文化ミュージアム学芸係
電話 0142-25-1056

所在地北海道伊達市梅本町57番地1
入場料等一般:300円 小・中学生:200円
公式HP噴火湾文化研究所HP内だて歴史文化ミュージアムページ