迎賓館

明治らしい和洋折衷のたたづまいの建造物 明治3年に仙台より蝦夷へ入植開拓した伊達家は明治政府に士族籍を剥奪されます。 しかしながら有珠郡の開拓を推し進めた功労により士族に返り咲き、盟主邦成も男爵に報じられました。 この際伊達家の開拓の象徴として建設したのがこの迎賓館になります。 現在伊達市開拓記念館の正面入り口からも見える農家造りの2階建て住宅がこれにあたります。 赤いトタン屋根が非常に映える建物ですが、建設当初は茅葺屋根であり現在のト … 続きを読む 迎賓館