百年の樹

伊達の歴史とともにある大樹たち 伊達市を車で走ると開発された町の中にそこだけ避けられたように残された巨木を目にすることがあります。 これらは開拓当時に植樹されたと言われており伊達開基とともにある木々であり「百年の樹」として指定樹木にもなって保護されています。 北海道に本来無い木がほとんどであり、開拓のために離れた亘理の樹や宮中に行った記念に持ち替えられた銀杏が巨木となった樹、日本ではあまり見ない中国から持ち帰られたクルミの木など当時の人 … 続きを読む 百年の樹